歯の黄ばみや黒ずみ、そして口臭が気になって、笑うことが怖くなったりしませんか?

結構口元って見られていますから、気になりだすと本当に困ってしまいます。

でも、どうして毎日歯磨きしているのに、歯が黄ばんだり、黒ずんだりしてしまうの?って思いませんか?

これは、歯の表面についた傷に汚れが溜まりやすくなってしまったり、加齢も原因のひとつなんだそうです。

そして、更に歯のホワイトニングで困ってしまうのが、差し歯をしている場合ではないでしょうか。

人工的なものですから、歯磨き粉でなんとかなるものなのか…とても気になりますよね。

そこで、最近話題になっているホワイトニング歯磨き粉のパールクチュールが差し歯でも、ホワイニング効果を実感できるのかを調べてみました。

人工的な歯といっても、もちろんコーヒーを飲んだり、タバコを吸ってしまうと汚れが蓄積してしまうのですが、最初に申し上げておくと、パールクチュールは差し歯でもホワイトニング効果を実感できるそうです。

しかし、注意しなくてはいけないのが、そのタイプです。

差し歯には、プラスチックタイプや樹脂タイプ、セラミックタイプなどがあるそうで、セラミックタイプであれば、パールクチュールでホワイトニング効果を実感できるそうなんです。

プラスチックや樹脂タイプというのは汚れが蓄積しやすいので、これから差し歯を…とお考えの方は、歯医者さんと一度相談してみるといいかもしれませんね。

この問題さえ解決してしまえば、パールクチュールは一般的な歯磨き粉と使い方は変わりませんし、歯列矯正中の方も、電動歯ブラシを愛用している方も安心して使用することが可能です。

パールクチュールは医薬部外品ということですし、研磨剤を使用していない商品ですから、歯のホワイトニングを自宅で手軽にセルフケアしたいという方には、おすすめの商品かもしれませんね。

なお、期待できる効果についてもっと詳しく知っておきたい人は「パールクチュールの効果はどこまで!?体験者の口コミから徹底調査!」の記事が参考になりますのでご覧ください。